注文住宅で気をつけた方が良いことにはなにがあるのでしょうか。それは使いやすさということです。デザインを重視し過ぎて使いにくい家づくりをしてしまうと、後で後悔することになるかもしれません。というのは例えば服もどれほどデザインが良くても着やすさやサイズが合っていないとやがて着なくなるものです。その服を着ていてもコンフォータブルではないからであり、満足できなくなるのです。同じようにマイホームもデザインはとっても良いのですが、使いやすさという点で難があるとやがてその家は住みたくなくなるとまでは言いませんが、満足できなくなってしまうことになりかねません。トイレの位置や水廻りの使いやすさ、壁をどの程度作るか、リビングの配置など考えることはたくさんありますが、使いやすい間取りとなっているかどうかは家の中がコンフォータブルになるかどうかにかなり関係してきますので、デザインの追求と使いやすさをうまく両立させるようなアイデアを出していきたいものです。

PR:群馬県太田市で注文住宅を建てるなら子育て世代の家設計室